行政書士の外国人支援サービス解説|外国人雇用したい事業者必見

外国の方にとって、母国から離れ、日本にやってくるのは、大変な不安が伴うものでしょう。

特に風習や法律が違うため、万が一の事態になれば、国に送還されることもあります。

今回は行政書士が提供できる外国人支援を紹介したいと思います。

外国の方はもちろん、今後外国人を採用する予定がある企業様や、外国人と結婚する方は、ぜひ参考にしてみてください!

行政書士の外国人関連業務

行政書士の業務内容は複雑で豊富です。

その中で、外国人関連業務は行政書士の専属業務が多くあり、専属業務とは、他の人が代行してはいけないということです。

業務内容は以下のようになります。

外国人の在留資格申請

外国人が日本に入国する際、その目的が観光などの短期滞在以外の場合、「在留資格」の許可申請をしなければなりません。

例えば、 留学・就職・結婚・海外転勤などの目的で、それぞれ該当する在留資格を申請します。

これらは、行政書士の専属業務で、かつ専門家です。

外国人の日本人帰化申請

帰化とは、日本国籍を有しない外国人が日本国籍になることです。在留資格とは別で、帰化申請の手続を行います。

国・申請本人によって、それぞれの提出書類が違い、かなり複雑なボリュームのある手続になります。

行政書士が外国人に役立つこと

行政書士は外国人に役たつ

行政書士の専属業務の中に、外国人関連のメイン業務は上述の二つでした。

しかし、それ以外にもたくさんのことで外国人の日本生活などをサポートできます。

在留資格の申請サポート

上述のように、在留資格の取得申請は行政書士の専属業務で、外国人の方に非常に役立ちます。

特に在留資格は目的や内容により、該当するものを申請しないといけないため、申請者本人に最適な提案ができます。

会社設立サポート

外国人が日本で事業を行いたい場合、様々な課題をクリアしないといけません。

外国人関連業務に詳しい行政書士なら、お客様にそれぞれ最適な提案を用意し、全般的にサポートできます。

営業許可サポート

会社設立した後に、業務内容により、すぐ営業できない場合もあります。不動産業であれば不動産業免許、旅行業であれば旅行業登録などのように、それぞれ営業許可が必要になります。

このような許認可申請も行政書士の専属業務で、外国人のお客様がやりたい事業を全般的にサポートできます。

法律顧問相談サービス

会社の運営にあたって、様々な契約や法律に接することがあります。お困りになった際の法律相談はもちろん、定期的に相談できる法律顧問サービスも承ります。

外国人が日本で生活や起業する際、当然ながら日本の法律を守らなければなりません。

行政書士は生活に関する法律の専門家で、外国人のお客様の日本生活をより快適するためにサポートします。

日本国籍取得サポート

日本に長年生活し、日本の国籍を取得することを考えている外国人の方もいらっしゃいるでしょう。

世界中でもハードルが高いと言われる日本の国籍取得は、出身国により、申請書類が違います。

行政書士は帰化申請の専門家であり、一人づつ丁寧に対応できます。

行政書士の外国人支援が会社に役立つこと

行政書士は外国人の会社設立も役たつ

行政書士の外国人関連業務は、外国の個人・法人問わず、全般的にサポートできます。

外国人関連業務の専門性から、日本の企業様にもお役に立てます。

外国人社員採用サポート

外国人社員を採用する際に、在留資格が必要になります。 また、採用する予定の社員の状況により、準備する資料が異なる場合もあります。

「4月まで採用したいが、在留資格がうまく行かず…」などのようなことにならないように、行政書士と相談してみましょう!

外国人向け事業コンサルティング

外国人に関する業務に詳しい行政書士は、外国人客の習性や考え方など、ある程度理解ができます。

外国人向けに事業を行いたい場合、事業のコンサルティングサポートができます。

多言語契約書類作成サービス

海外の会社や外国人などと取引する際に、契約書などを交わすこともあります。その際に、契約書類の翻訳も必要になります。

一般的な翻訳会社や外国語ができる方に翻訳させる場合も多いですが、あまりおすすめしません。

理由は日本人だからといって、必ず日本語の法律を理解できる訳ではないように、ネイティブだとしても、その国の法律用語が分かるとは限りません。

そのため、きちんと法律知識を持つ方に翻訳させる方がおすすめです。

法律顧問相談サービス

定期的の法律相談や外国人社員のサポートなどにも役立ちます。

外国人社員にとってより良い働く環境作りを提案させて頂きます。

行政書士の外国人支援が個人に役立つこと

行政書士は個人の外国人でも役たつ

行政書士は外国人や外国人に係る会社役に立つことがわかりました。最後に、日本の個人の方に、どのようなサポートができるでしょうか?

外国籍友人のサポート

在留資格や会社設立など、日本で生活したい外国人の友人がいれば、何か手伝おうとするでしょう。

その時に、行政書士は心強い味方です。

国際結婚サポート

外国人と結婚したいが、どうすればいいかわからない時に、日本での入籍手続等をサポートできます。

日本人配偶者等在留資格サポート

結婚や海外生まれなどの理由で、日本に入国したい場合、日本人配偶者等の在留資格申請が必要です 。

行政書士に外国人関連手続を依頼するメリット

もちろん、上述のような手続等、自分で行うことも可能ですが、国や申請者本人により、手続方法や必要書類が異なる場合がよくあります。

時間の余裕があれば、別に構いませんが、もし在留期間やビザなどの期限がもう残り僅かな場合、下手すると一旦帰国しないといけない可能性があります。

そうならないように、行政書士と相談し、手続をスムーズに行いましょう!

行政書士の外国人支援まとめ

今回は行政書士の外国人支援に関する業務を紹介しました。

このような業務は日本人にとって、あまり関係ないと思うかもしれませんが、実は外国人と関わる場合、意外とつまづくことが多いです。